太陽光発電 損

太陽光発電で起こっている損やトラブルとは?

東日本大震災後、太陽光発電の契約に関する損やトラブルが増えています。
国民生活センターによると、同センターに寄せられた相談の数は、2011年度に過去最高を記録しました。

 

しかもその相談のうち、70%以上が訪問販売に関する相談でした。
このようにデータで示されると、太陽光発電の契約におけるトラブル等は、もはや人ごとではありませんね。

 

さらに掘り下げて見ていくと、強引な押し売り
「根拠のない売電による利益」をセールストークにしたもの、
補助金の〆切が近いとして即日契約を迫るものなど様々です。

 

これらのことを踏まえて、太陽光発電で損をしないためのポイントを3つに絞っていきます。


太陽光発電で損をしないための3つのポイント

1.訪問販売には十分注意してください。
訪問販売すべてが悪質だとは言いませんが、
強引に契約を迫る業者には気をつけなければいけません。

2.根拠のない「売電による利益」にも注意が必要です。
太陽光発電は、屋根の形状や周りの建物や樹木などで発電効率が変動します。
それらを考慮にいれてシミュレーションすることが大切です。
うまい話には十分注意が必要です。

3.一つの業者の話だけを聞いただけで契約を決めるのはキケンです。
それが悪徳業者ではなかったとしても、
太陽光発電で損をしないためには複数の業者から見積りを取ることが必要です。

太陽光発電の複数業者見積りを取得する方法

上記で述べたように、うまい話はそうそう無いものだという認識のもと、
複数の業者に対して見積りを依頼することが、騙されたり損をしたりしないコツです。

 

複数の業者から見積を取れれば、
価格のバランスを見て契約をするかどうかを判断できるので、
冷静に対処することができるようになります。

 

では、どのようにして複数の業者に見積を依頼すれば良いのでしょうか?
実際にご自宅の近くの施工業者をいくつも回って見積を取るのもいいですが、
正直この方法はかなり疲れますし、何より大切な時間が膨大に消費されてしまいます。

 

それに、業者一軒一軒に対して、
あなたのご自宅の状況を何度も何度も説明するのは、とても面倒ですよね。

 

 

 

そこでオススメしたいのがインターネットを使った一括見積です。

 

インターネット経由で必要事項を入力するだけで、
あなたのお住まいの条件に適した太陽光発電を複数の業者が見積してくれるサービスがあるんです。

 

そのサービスは「タイナビ」というサイトが提供していて、
このサイトは東京のテレビ番組で取り上げられるほど有名なサイトなので、
トラブル等の面でもかなり安心できます。

 

タイナビはどこか一社のメーカーの商品だけではなく、たくさんの商品を扱うことができますので、
あなたの条件にもっとも適している商品を提案してくれます。

 

つまり選択の幅が広いので、損をしないような太陽光発電選びがしやすくなっているんですね。

 

 

しかも自宅からパソコンで簡単に、そしてもちろん無料で行うことができますから、
ラクラク無料で比較や検討をすることができます。

 

せっかく大きなお金を支払って太陽光発電の導入をするのですから、できるだけ早く元が取れる商品を購入したいものですね。

 

簡単無料の太陽光発電一括見積の「タイナビ」はこちらから↓

 

 

 

⇒《全国対応》太陽光発電無料一括見積りに申し込む!>>